増税には断固反対しましょう

ありもしない財政危機を煽り、

金貨銀貨の世界、前近代脳で

「国の借金がぁ〜」、「円の信認がぁ〜」と
訳の分からないことを吹聴し

増税のみならず歳出改革と称した歳出削減、
つまり緊縮を進めようとしているのが財務省

彼らにとっては、消費税を上げたり
新しい税を導入することが
出世のための必須のステップのようです。

 

そう、国民の生活より、自分の出世なのです。
(日本のトップのエリートらしき人々がこれなのですから
日本の失われた30年も納得できますよね)

それに逆らえない 今のK総理
このままでは本当に国が滅んでしまいます。

ぜひ、官邸へ 増税反対の意見を提出しましょう
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

 

税に対する 正しい知識、考え方

・税は財源ではない、又は国は税収を前提に歳出をしているわけではない・国債は借金ではない、通貨発行の形式である・国債残高が増えるのは当たり前(通貨発行残高、通貨発行の記録だから)・国債残高を消すことは日本から貨幣を消すこと、増税は日本から貨幣を減らすこと・戦前の国債による戦費調達と終戦直後の高インフレは関係ない(インフレ/デフレは需要と供給の関係性の問題である)・60年償還ルールなるものを採用しているのは日本だけである(60年償還ルールがなくなると、財務省が主張する増税の根拠もなくなる)・国債は日銀当座預金で取引される

室伏謙一(「新」経世済民新聞メルマガ)より引用)

 

簿記を学んだ人ならわかると思いますが、
誰かの赤字は誰かの黒字になります。

政府が黒字(緊縮、増税)になれば 国民は赤字で貧困化します。
政府が赤字(財政拡大、減税)すれば 国民は黒字化して富むことになります。
国民が豊かになれば経済も活性化して
元気な日本を取り戻す原動力になります。
日本の将来のために 私利私欲ではない
正しい財政政策を行ってほしいと切に願っています。
===========

防衛費を賄うために増税が必要との議論がありますが、
わずか1兆円のことなら国債発行や償還ルールの見直しで十分賄えます。

インボイス制度も国を破壊してしまうことになるので
ぜひ撤回してほしい項目ですよね。
消費税回避のために 人件費を削り、外注費に回りました
多くの零細事業者や 派遣社員が増えました。
そんなところからも税を搾り取ろうとする仕組みは悪税以外の何物でもありません。

ぜひ皆さんも 反対の声を上げてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA